読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

3月のライオン/羽海野チカ

お試しキャンペーンで無料ダウンロード。 今年は映画化もされるし、知り合いがお勧めしていたのもあり、読んでみた。 将棋は分からない。 子供の頃、父に教えられたが、駒の動きを覚えられず呆れられた。 もともと興味もなかったのだろう。 だが、このマンガ…

昭和元禄落語心中2/雲田はるこ

またもや楽天Koboで0円だったのでぽちっと。 現代の与太郎の下手こいた話から、一気に戦中・戦後へと回想し、助六が登場する。 いよいよ話が展開するしていく気配。 つづきが気になるんだが、これ以上本を増やしたくないし。 電子書籍はありがたいが、細部は…

プラネテス/幸村誠

夏の昼下がりに漫画の一気読み。 もう15年前の作品だったか。 最初に読んだときは、ちょっとぐっと来たっけ。 それは、ハチマキよりもユーリかな。 プラネテス全4巻 完結セット (モーニングKC) 作者: 幸村誠 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2010/11/01 メ…

セクサロイド/松本零士

お試しで、無料ということで、ダウンロード。 こういう読み方ができるのも、電子書籍はありがたい。 買ってから外れだったことに気づくのは悲しい。 松本零士の熱心な読者ではないので、こんな作品があったことは、初めて知った。 青年誌向けということで、…

亜人/桜井画門、三浦追儺

電子書籍でお試し版があったので読んでみた。 夜中のアニメで何度か観ていた。 面白いかと聞かれたら、面白いと答えるだろう。 最初の方なので、亜人とはどういう存在なのか、といった物語のキーとなりそうなことは、まだ伏せられている。 だが、そういった…

進撃の巨人 悔いなき選択 リマスター版 1巻/諌山創、駿河ヒカル

電子書籍で無料お試しがあったので読んでみた。 これだけでは話はよく分からない。 まあお試しってのはそういうことか。 進撃の巨人 悔いなき選択 リマスター版(1) (ARIAコミックス) 作者: 駿河ヒカル,諫山創,砂阿久雁(ニトロプラス),「進撃の巨人…

昭和元禄落語心中/雲田はるこ

ちょっと前から夜中にアニメ化されていて、ちょっと気になっていた。 お試しで1巻が無料だったので読んでみた。 落語自体が好きなので、ちょっとこれは読み耽ってしまいそうで危険だ。 本当は寄席とか行ってみたいが、何せ時間が無い。 昭和元禄落語心中(…

染盛はまだか/清田聡

本棚の片隅から取り出してみる。 実は連載当初の印象があまりない。 当時、モーニングを買っていたはずなのだが、記憶に残っていなかったようだ。 とは言え、当時住んでいたマンションの近所の古本屋で見かけて、つい買ってしまったのだから、全く覚えていな…

櫻画報大全/赤瀬川原平

赤瀬川原平氏をひと言で言うなら、現代芸術家なのだろう。 しかし、何か違う。 言い表せていない部分が大きすぎるような気がする。 では何と言えば、上手く言い表すことが出来るだろうかと考えたときに、パロディストなのだろうと思う。 現代芸術の先端から…

ねこぢるうどん/ねこぢる

何となく読み返す。 もう最近はねこぢるを読む人もいないのではないだろうか。 それとも、一部に熱狂的なファンでもいるのだろうか。 ともあれ読み返してみた。 「たましい」「ひるね」「かぶとむし」の3篇は、ねこぢるにしか描けないんじゃないかと思う。 …

大正野郎/山田芳裕

山田芳裕といえば、「へうげもの」なのだろうが、私はこのデビュー作ぐらいしか読んでいない。 芥川龍之介に憧れる平徹と、浅草の下宿先の娘さんの由貴ちゃんとのラブコメ、という線は、どうも後から取って付けたように思えてならない。 どちらかというと、…

YASUJI東京/杉浦日向子

この本は、杉浦日向子にしては珍しいエッセイ漫画である。 YASUJIとは明治初頭の浮世絵師の井上安治のことだ。 たまに小林清親は見かけることがあっても、その弟子の井上安治はあまり見かけない。 井上安治の描く東京は、あっけなくて、画者の存在が見えない…

青い車/よしもとよしとも

久しぶりによしもとよしとも氏の「青い車」を読み返してみようと思ったのは、数日前にラジオで小沢健二の曲が流れていたからだ。 久しぶりに聞いた小沢健二の歌声は、何だかとても粘っこい感じがした。 演歌のコブシとも違う、絡みつくような感じに近い。 渋…

味満亭/大野真志郎

古い漫画を引っ張り出して読む。 もともとモーニングで連載していたのを読んでいたが、単行本が出たので買ったのだった。 奥付を見ると1997年なので、もう17年前かと思うとこの本のことなど覚えている人などいるまい。 四コマ漫画で食と貧乏が基調にあって、…

天才柳沢教授の生活 第34話、第35話「希望行きのバス」/山下和美

恐らく20年ぐらい連載しているのだろうか。 その中でも、この話は初期の方に登場する。 かなり重たく、そして残酷な話だ。 あらすじを以下に記す。 読みたくない人は飛ばしていただいた方が良い。 ここからがあらすじである。 友人を訪ねて老人ホームに訪れ…

よりぬきサザエさん/長谷川町子

流石に朝日文庫版全45巻を一気読みする訳にはいかない。 だが、これであれば、読みたいときにスッと読める。 やはり、サザエさん的なるものは確かに存在する。 もし存在しないのであれば、日曜の夕方のTV版がそんなに続くはずが無い。 原作とTVとは、殆ど異…

TO-Y/上條淳士

何年ぶりかに読み返してみた。 リアルタイムに読んでいたのは、中高生の頃だったろう。 芸能界をネタにしたストーリーが陳腐だとか、80年代的なスカしたコマ割りだとか、そんなことが何だというのか。 やがて、「SEX」で描かれることになる、ある種の特別な…

熱帯のシトロン/松本次郎

時代設定としては、ベトナム戦争の頃、'60後半〜'70前半辺りだろうか。 自称カメラマンだが、ドラッグでラリって、女と寝て、借金取りに追い回されている主人公・双真が、謎の女・魔子に誘われるように三月町へと迷い込む。 そこは、人々は『ウサギ』に魂を…

豆腐屋桶川物語/城としあき

ふと読みたくなって、一気読みしてしまった。 大阪・東淀川の豆腐屋が舞台である。 主人公は、変な髪形の母親・八子と、豆腐のことしか頭にない兄・保、お気楽な弟・進の一家だ。 物語は、そんな一家が中心になっている、ホームドラマである。 大きなテーマ…

ア○ス/しりあがり寿

「ア○ス」とは「アリス」のことだろう、と思ったのが最初に読んだ時の感想だったと思う。 つまり、「不思議の国」や「鏡の国」を遍歴する少女を連想させる。 だが、主人公は「ナオミ」という少女である。 どうやら狂気の中にいるらしく、繰り返される「トモ…

無能の人/つげ義春

何があったというわけでもないのだけれども、何だか無力感を感じてしまうのは、日常とどこかでうまく折り合っていないのかもしれない。 だからと言って、折り合ってしまえば良いのかというと、そうはしたくはないようだ。 前にだって後ろにだって進みたくは…

銭ゲバ/ジョージ秋山

何だかテレビを見るよりは、本でも読もうと読みかけの本に眼を通したのだけれど、読み進めるだけの気力が無くて、何となくマンガを手にとっているうちに、この本に引き込まれてしまった。 近年ドラマにもなったようだし、今更ストーリーを解説してもしょうが…

二つ枕/杉浦日向子

今更ながらに杉浦日向子の作品の魅力について語るのは、かなり野暮なことに他ならないと思うのだが、ふと読み返してみたこの作品の巧さに、思わず読み耽ってしまった。 舞台は江戸時代の吉原の遊郭の、しかもその「二つ枕」の床の中。 4人の花魁と、そこに…

リバーズ・エッジ/岡崎京子

今も交通事故で療養中の岡崎京子の代表作(と思っているし、そういう評価も多いようだ)を、今更ながらに読み返してみる。 この「リバーズ・エッジ」が描かれたのは、1993〜1994年である。 舞台は大きな川の河口に近い町であり、主人公たちは高校生だ。 (こ…

Sex 7/上條淳士

閉塞感と停滞Sex 7 (ヤングサンデーコミックス)作者: 上條淳士出版社/メーカー: 小学館発売日: 2005/05/02メディア: コミック クリック: 19回この商品を含むブログ (37件) を見る そして最終巻である。 沖縄を舞台に、いくつかの伏線は解消され、物語として…

Sex 6/上條淳士

横須賀・沖縄Sex 6 (ヤングサンデーコミックス)作者: 上條淳士出版社/メーカー: 小学館発売日: 2005/04/05メディア: コミック クリック: 2回この商品を含むブログ (18件) を見る 追っ手が迫ってくる。 福生から横須賀へ。 そこから沖縄へ。 やがてユキの生い…

Sex 5/上條淳士

ゲームは二度とやらないSex 5 (ヤングサンデーコミックス)作者: 上條淳士出版社/メーカー: 小学館発売日: 2005/03/04メディア: コミック クリック: 8回この商品を含むブログ (19件) を見る ようやくというか、やっとというか、追っ手がユキ、ナツ、カホのそ…

Sex 4/上條淳士

アンタ いつも口ばっかですなァSex 4 (ヤングサンデーコミックス)作者: 上條淳士出版社/メーカー: 小学館発売日: 2005/02/04メディア: コミック クリック: 4回この商品を含むブログ (17件) を見る まあ、何となく手に取っているうちに4巻目である。 横須賀…

Sex 3/上條淳士

磯野と中島Sex 3 (ヤングサンデーコミックス)作者: 上條淳士出版社/メーカー: 小学館発売日: 2005/01/05メディア: コミック クリック: 6回この商品を含むブログ (24件) を見る 3巻目は連載終了から12年以上経って初めて出た。 連載をそんなに細かくチェック…

Sex 2/上條淳士

福生へ吉祥寺へSex 2 (ヤングサンデーコミックス)作者: 上條淳士出版社/メーカー: 小学館発売日: 2004/12/03メディア: コミック クリック: 5回この商品を含むブログ (14件) を見る そして舞台は福生、吉祥寺へと移り、主人公たちは高校1年生になっている。 …

Sex 1/上條淳士

沖縄で夏だったSex 1 (ヤングサンデーコミックス)作者: 上條淳士出版社/メーカー: 小学館発売日: 2004/11/05メディア: コミック クリック: 16回この商品を含むブログ (24件) を見る 物語は沖縄の夏から始まる。 作者の思い入れたっぷりな沖縄の風景と共に、…

棒がいっぽん/高野文子

微かに揺れるような棒がいっぽん (Mag comics)作者: 高野文子出版社/メーカー: マガジンハウス発売日: 1995/07メディア: 単行本購入: 18人 クリック: 147回この商品を含むブログ (156件) を見る この本に描かれる世界は、ちょっと昔のようだ。 主人公の乗る…

人生カチカチ山―女の幸せ探して三千里/松田洋子

人生カチカチ山―女の幸せ探して三千里作者: 松田洋子出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2001/09メディア: コミック クリック: 2回この商品を含むブログ (6件) を見る 松田洋子のマンガはとにかく文字が多い。筆で書いたようなふにゃっとした文字が縦横斜めに…

黄色い本/高野文子

にしかできない黄色い本 (KCデラックス アフタヌーン)作者: 高野文子出版社/メーカー: 講談社発売日: 2002/02/20メディア: コミック購入: 23人 クリック: 170回この商品を含むブログ (203件) を見る 高野文子は寡作だ。 この本が最新刊のようだが、それでも…

茄子 (3)/黒田硫黄

茄子 (3) (アフタヌーンKC (314))作者: 黒田硫黄出版社/メーカー: 講談社発売日: 2002/12/20メディア: コミック クリック: 25回この商品を含むブログ (49件) を見る 最終巻である。 物語としての収束と発散。 高間と高橋と大西と松浦、そして第一話の何も無…

茄子 (2)/黒田硫黄

茄子 (2) (アフタヌーンKC (295))作者: 黒田硫黄出版社/メーカー: 講談社発売日: 2002/05/23メディア: コミック クリック: 13回この商品を含むブログ (55件) を見る そして2巻目だが、少しづつ登場人物に動きがある。 高間の住む郊外に高橋が引っ越してくる…

茄子 (1)/黒田硫黄

茄子 (1) (アフタヌーンKC (272))作者: 黒田硫黄出版社/メーカー: 講談社発売日: 2001/07メディア: コミック購入: 1人 クリック: 57回この商品を含むブログ (109件) を見る 茄子をネタに描かれた連作である。 周りからセンセーと呼ばれている高間、女子高生…

絶対安全剃刀/高野文子

遠い、そして遠い絶対安全剃刀―高野文子作品集作者: 高野文子出版社/メーカー: 白泉社発売日: 1982/01/14メディア: 単行本購入: 27人 クリック: 142回この商品を含むブログ (124件) を見る 意味もなく下らないことで笑い転げて、学校や近所の子供たちが世界…

かっこいいスキヤキ/泉昌之

くだらねぇかっこいいスキヤキ (扶桑社文庫)作者: 泉昌之出版社/メーカー: 扶桑社発売日: 1998/10メディア: 文庫購入: 19人 クリック: 140回この商品を含むブログ (72件) を見る うまく形容する言葉が見つからないが、一言で言えば「くだらねぇ」となってし…

雨太/正木秀尚

神話的な構図からいつか見た光景へ雨太 (ジェッツコミックス)作者: 正木秀尚出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2001/08メディア: コミック クリック: 1回この商品を含むブログ (3件) を見る 何故この作品を手に取ったのかもう憶えていない。 殺し屋と女が逃げ…

スターダスト/ジョージ秋山

はいて捨てるほどにスターダスト (傑作未刊行作品集 (002))作者: ジョージ秋山出版社/メーカー: メディコム・トイ発売日: 2000/12メディア: コミックこの商品を含むブログ (1件) を見る 安っぽい筋書きと犯罪の匂い、正義よりも悪役のほうがカッコよくて、裏…

瀕死のエッセイスト/しりあがり寿

瀕死のエッセイスト (レヴォルトコミック (2))作者: しりあがり寿出版社/メーカー: ソフトマジック発売日: 2002/03メディア: コミック クリック: 2回この商品を含むブログ (11件) を見る 買ったのはいつだったか、何もかもが嫌になっていた頃かもしれない。 …

失踪日記/吾妻ひでお

そしてそれはかえってきた失踪日記作者: 吾妻ひでお出版社/メーカー: イースト・プレス発売日: 2005/03/01メディア: コミック購入: 28人 クリック: 293回この商品を含むブログ (1148件) を見る 久しぶりに本屋で見かけた吾妻ひでおはこの本だった。 1970年代…

江戸アルキ帖/杉浦日向子

架空の旅行江戸アルキ帖 (新潮文庫)作者: 杉浦日向子出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1989/04/28メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 15回この商品を含むブログ (25件) を見る 日記風に江戸時代を散歩したという架空の旅行記とでも言えるか? 杉浦日向子の描…

青い車/よしもとよしとも

どうしようもなさかげんについて青い車 (CUE COMICS)作者: よしもとよしとも出版社/メーカー: イースト・プレス発売日: 1996/05/01メディア: コミック購入: 4人 クリック: 63回この商品を含むブログ (143件) を見る 著者自ら大絶賛する表題作は、スピッツの…

銭豚/ジョージ秋山

越えられない銭豚 (傑作未刊行作品集 (001))作者: ジョージ秋山出版社/メーカー: メディコム・トイ発売日: 2000/11メディア: コミック購入: 1人 この商品を含むブログ (1件) を見る 「銭ゲバ」の主人公「蒲郡風太郎」のアナザーストーリーなのだが、救いよう…

告白/ジョージ秋山

嘘も本当も告白 (傑作未刊行作品集 (004))作者: ジョージ秋山出版社/メーカー: メディコム・トイ発売日: 2001/05メディア: コミック購入: 1人 クリック: 47回この商品を含むブログ (2件) を見る この作品は何度読んでも痛々しい。 ジョージ秋山は「浮浪雲」…

大王/黒田硫黄

熱があるので大王 (Cue comics)作者: 黒田硫黄出版社/メーカー: イースト・プレス発売日: 1999/08/01メディア: コミック購入: 1人 クリック: 23回この商品を含むブログ (73件) を見る いきなり38℃越えの高熱が出たのでとりあえずスポーツドリンクのペットボ…

無能の人・日の戯れ/つげ義春

Low Life無能の人・日の戯れ (新潮文庫)作者: つげ義春出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1998/03/02メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 61回この商品を含むブログ (131件) を見る ロウな気分の時には、つげ義春の世界が良い。 とりあえず読んで、物陰に隠れる…

AKIRA(1)/大友克洋

想像力の質とは何だろうかAKIRA(1) (KCデラックス ヤングマガジン)作者: 大友克洋出版社/メーカー: 講談社発売日: 1984/09/14メディア: コミック購入: 11人 クリック: 157回この商品を含むブログ (204件) を見る 久しぶりに読んでみたくなって引っ張り出して…