読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

シュルレアリスム宣言・溶ける魚/アンドレ・ブルトン

シュルレアリスム

最初だしまずは原点から始めてみることにした


(・・・何でもそうだけど最初というのは緊張する・・・)


読み返してみたい本って何だろう?
あのときに思ったことは、今はどう変わっているんだろう?
記憶なのか感情なのか、あいまいなもやもやしたものは、なんて言えば良いんだろう?


シュルレアリスム宣言・溶ける魚 (岩波文庫)

シュルレアリスム宣言・溶ける魚 (岩波文庫)


今まで何度も読み返しているけども、初めて読んだ頃の甘酸っぱい感じが蘇る。


『シュール』って言葉が、すっかり一般化してしまっても、この本自体の価値は変わらないと思う。
日常の中の非日常に気づいてしまうこと。
非日常に触れてわくわくする感覚。
ブルトンは幼児期が人生の黄金期だというが、それには全面的に賛同できないけれど、確かに何かを忘れてしまっていることを少し残念に思っている自分もいる。