読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

荷風語録/永井荷風、川本三郎

東京

永井荷風は東京を歩き回って、失われていくものを愛しんだ、ということが良く判る。


荷風語録 (岩波現代文庫)

荷風語録 (岩波現代文庫)


そこにあるのは現在でもなく、未来でもなく、実は過去でもない。
荷風が求めていたのは、失われていくもの、という過去のイメージではないかと思う。

それは病んだ心ではないか?