読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

シュルレアリスム宣言・溶ける魚/アンドレ・ブルトン

シュルレアリスム


再び原点に戻ってみる

シュルレアリスム宣言・溶ける魚 (岩波文庫)

シュルレアリスム宣言・溶ける魚 (岩波文庫)


もう何度目かになるのだが、読み返してみる。
だが、何度読んでも改めて何かがあるのは、古典足り得ているのだろう。
改めて思うのは、スピード感だった。
怠惰な幻想ではなく、オートマティズムで言うなら、ひたすら書くことで個人としての現実を突き抜けたところに出てしまう、走る車のタイヤを見ていると逆回転しているように見えるスピード感みたいなものが、ぐねぐねと蛇行するような文章から見えてくる。宣言と言いながら宣言しない、でも何かに向かっている、そんな印象を改めて持ったのだった。