読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

シルトの岸辺/ジュリアン・グラック


何処でもない何時でもない

シルトの岸辺 (ちくま文庫)

シルトの岸辺 (ちくま文庫)


時代や場所が特定されない舞台での、回りくどい文章と行き先の見えない物語。ものすごく遅いようでいてものすごい速さがあって、意味が判らないようでいて感銘を受ける。
これはシュルレアリスムなのかと言えば、単なる幻想譚ではない本来的な意味でのシュルレアリスムに近いと思う。
何故だか、政庁は映画の「ブレードランナー」のタイレル社を思い起こさせる。