読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

私の食物誌/吉田健一


うまいものづくし


久しぶりに読んでみると、あれこれ取り寄せていることが気になる。今のようなインターネットは無い時代に、各地の隠れた逸品を取り寄せるためには、それなりのコネが必要だと思うのだが、やはりそれは吉田茂の息子だからだったのだろうか?
この本に出てくる美味いものは確かにというのもあれば、そうか?と思うものもある。だが、この本は美味いもの紹介ではなく、美味いものの記憶に対するエッセーであり、ここに書かれているのは追憶であり感慨だと思う。自由に書き連ねており、さらっと読める。特に結論や主張がある訳でもなく、吉田健一の語り口に酔い、美味いものへの憧憬が湧くのだった。
エッセー自体も上手いのだった。