読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

李賀詩選


漢字・イメージ・詩

李賀詩選 (岩波文庫)

李賀詩選 (岩波文庫)


李賀を知ったのはいつの頃だったか。
少なくとも学生の頃ではなかったように思う。
その詩は、漢字のイメージ性が豊富であるように思う。
漢字一字一字の持つイメージが、詩文の流れの中で、様々な方向に反射しているとでも言えば伝わるだろうか?
だから李賀の詩を、時々、書作品の題材に使う。
詩としての味わいもあるのだが、書としての漢字の流れにもまた味わいがある。
改めて詩として読んでみると、さらにそれが際立っているように思った。