読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

黄色い本/高野文子


にしかできない

黄色い本 (KCデラックス アフタヌーン)

黄色い本 (KCデラックス アフタヌーン)


高野文子は寡作だ。
この本が最新刊のようだが、それでも7年前である。
では内容が古びているかというと、そうは思わない。
高野文子にしかできないテーマの捉え方、表現のありよう、そういったものが詰まっている。
そしてそれは、読む度に新たな発見があるのだ。
物語が問題なのでは無い。
物語を彩る小道具であり、ディテイルにその良さが詰まっている。