読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

井上井月


作者と作品は

井上井月 (蝸牛俳句文庫)

井上井月 (蝸牛俳句文庫)


井上井月は、幕末から明治の初めの頃の俳人だそうだ。
つげ義春の「無能の人」にも登場する。
出自も良く判っていないが、伊那の辺りを放浪し、乞われれるがままに俳諧を詠み、揮毫し、大酒を喰らって、最後には乞食同然で行き倒れて亡くなったようだ。
そんな井月の詠んだ300句を選んでいる。
井月自身の生き方に比べて、それらの句は、どちらかというと正統派であるように思えた。
また、本歌取りではないが、芭蕉や一茶といった先人たちの句を意識したような作品もあるようだ。
奇想や鮮烈なイメージの対比というよりは、侘び寂び、無常観、孤独感を詠んでいるのだが、そこにはある種の諦観にも似たものがある。
作者と作品は別物なのだ。