読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

インド夜想曲/アントニオ・タブッキ


日常の隙間にそっと滑り込む誘惑に

インド夜想曲 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

インド夜想曲 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)


読み返すのは、もう何度目だろうか。
だが、何度読んでみても、この物語に漂っている雰囲気に酔いにも似た感覚を覚える。
探す者と探される者、フィクションとメタフィクション、そんな話でもあるが、この本は作者も触れているようにインドのガイドブックでもあるのだ。
そして、夜へのガイドブックでもあるだろう。
実際に役に立つのかどうかは判らない。
だが、旅へと誘われ、夜へと誘われる。
日常の隙間にそっと滑り込む誘惑によって何かを取り戻したような気がする。