読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

ゆるみ力/阪本啓一

ビジネス


この本もまた図書館で借りた本。
「ゆるみ」とは怠惰に気の向くまま振舞うことを意味するのではなく、何か不測の事態に対して、自然体で受け止めて前向きに意識を向けようということのようだ。
いわば、ポジティブシンキングの薦めのような本と思えばいいかもしれない。
だがそれを、ハッピーになろうよ、前向きに行こうぜと真正面から唱えるのではなく、ちょっと角度をつけてあるのが、「ゆるみ力」という言葉に込められた、著者の思いかもしれない。
なるほどと思わせる内容ではある。
後ろ向きな気分やささくれている時に読むのが良いのかもしれないが、何となく上滑りしてしまった気がする。(読んでる間に様々な邪魔が入り、いまいち入り込めなかったのが原因かもしれないが。)

ゆるみ力 (日経プレミアシリーズ)

ゆるみ力 (日経プレミアシリーズ)