読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

酒場百選/浜田信郎

酒は嫌いじゃない。
というか、むしろ好きだ。
と思っていた。
家でも酒を常備し、何となく呑んでいる日もあった。
だが、歳を重ねるにつれて、呑みに行く友達も減り、自由に使える金も減り、いつしか、会社の呑み会でしか酒を呑んでいないことに気づいた。
酒が好きなんだったら、独りでも呑みに行きたいのじゃないのか、と思う。
だが、独りで酒を呑みに行くのは何となく気が引ける。
出張先では独りで寿司屋にも入れるのに、呑み屋は何かが違う。
本当は酒が好きなんじゃなくて、友達と呑みに行くのが好きなのかとも思う。
だが、呑みに行くために友達を呼び出すのも何か気が引けてしまう。
結局、本を読むことほどには、酒が好きではないのではないか。
だがそうとも言い切れない。
ちょっと独りで呑みに行くことへの憧れが在る。
子供の頃に想像した大人は、行きつけの呑み屋が一軒や二軒あって、たまにはそんな場所で寛いでみたいと思っていた。
サザエさんの波平さんだって、行きつけのおでん屋がある。
独りで呑むとはどういうことか。
それは、独りで喫茶店に入るのと同じだと誰かが言っていたっけ。
何だか自分自身で敷居を高くしてしまっていたのかもしれない。
気になるラーメン屋にふらっと入るように、呑み屋の暖簾をくぐり、バーのドアを開けてみてもいいのだろう。
この本であまた紹介される呑み屋の話を読んでいくうちに、そんな気持ちになった。
今週辺りは気になる店のドアを開けてみようか。

酒場百選 (ちくま文庫)

酒場百選 (ちくま文庫)