読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

夜のミッキー・マウス/谷川俊太郎


何で詩を読むの、とか、詩は何が面白いの、とか聞かれても、答えようがない。
時々、詩を読みたくなるのだし、面白くないものなど読もうとは思わないだろう。
ふと本屋でこの詩集が目に留まったので買ってみた。
別にミッキー・マウスが好きなわけでもない。
だが、鮮やかな群青色の表紙に、何か惹かれたのかもしれない。
そして読んでみて、久しぶりに詩に向き合った気がしている。
谷川氏はあとがきで、何かが言いたくて詩を書いているのではない、そこに詩を存在させたいからだ、と書いている。
この言葉は非常に腑に落ちるし、確かに谷川氏の詩の何たるかを良く表している。
そして、そういう詩に触れたいがために、詩を読むのだろう。


作品の一つ一つは憶え切れるものではないが、読んだ印象はどこかに残ってゆく。
そしていつか読み返した時に、その時の印象が蘇るだろう。
季節や、日差しや、風や、街や、路地裏や、つまらなさや、やり切れなさや、不条理や、夜や、月や、河や、それから…


例えば音楽について言葉で表しきれないように、美味しい料理について言葉で表しきれないように、詩について語ることは出来ないだろう。
むしろ語りつくせてしまう詩は、既に詩である意味はないのではないだろうか。


夜のミッキー・マウス (新潮文庫)

夜のミッキー・マウス (新潮文庫)