読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

ソヴェト旅行記/アンドレ・ジイド

今はソ連という国もないし、アンドレ・ジイドもとうの昔に亡くなっている。
1936年だから、もう80年近く前に、ジイドがソ連に滞在した時の紀行文である。
ジイドは何冊かしか読んだことがない。
この本において、ジイドはそれまでソ連に抱いていた賛嘆と愛着の情を、自ら訂正する。
革命的であること、その体現であるソ連という国家に、自らの眼で見、耳で聞き、足で歩いて得たものは、苦い現実だったようだ。
高邁な理想を掲げて作り上げられた国家で行われていたのは、貧しい人々の行列であり、孤児たち、官僚主義的な体制、画一主義的な精神、言論統制などであった。
窮極的な自由や平等を求めたはずの革命は、いつのまにか抑圧された社会を作り上げていたということらしい。
それでもソ連の美点を見出そうとするジイドの心中は如何なるものだろうか。
そしてそのソ連を批判する筆致は、理性的であり人間主義的であるが故に、ソ連という国家の本質を微かに外している。
社会全体に満ちている抑圧の前に、民衆の美しい姿をジイドは見出すが、それは果たして共産主義理念の可能性としての意味はないだろう。
既に共産主義国家の崩壊を通過しているからそう言えるのではなく、ジイド自身が文化の閉塞感として感じたこと、それがその答えなのだと思う。
それでもなお、革命的であることに、ジイドは期待を寄せる。
やはり理解し難いのだけれど、それはまだ、ジイドを読み込めていないのかもしれない。


ソヴェト旅行記 (岩波文庫)

ソヴェト旅行記 (岩波文庫)