読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

ボルヘス、オラル/ホルヘ・ルイス・ボルヘス

語り

何冊も手にとっては、読みかけてやめてしまうのは、何だか気が乗らないということか。
だが、この本はするするするっと読み終わってしまった。
この本はボルヘスが、ベルグラーノ大学にて行った講演をまとめたもの。
形式や構造にこだわる小説世界とは異なり、好きなテーマを好きなように語っている。
スウェデンボルグや探偵小説について語ったのが秀逸だと思った。



持っているのは、書肆風の薔薇版。

ボルヘス,オラル (叢書アンデスの風)

ボルヘス,オラル (叢書アンデスの風)


こちらは水声社版。どちらも「叢書アンデスの風」らしい

ボルヘス、オラル (叢書 アンデスの風)

ボルヘス、オラル (叢書 アンデスの風)