読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

古本屋の手帖/八木福次郎

思うところあって、借りてみたのだけれど…
何と言うか、あまりにかけ離れた世界のような気がした。
登場する人々は殆ど判らない。
(さすがに、作家や評論家は、ぼちぼち判るけれど・・・)
古本屋は好きなのだけれど…
難しいものだ。