読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

TO-Y/上條淳士

何年ぶりかに読み返してみた。
リアルタイムに読んでいたのは、中高生の頃だったろう。
芸能界をネタにしたストーリーが陳腐だとか、80年代的なスカしたコマ割りだとか、そんなことが何だというのか。
やがて、「SEX」で描かれることになる、ある種の特別な時間のようなものが、少し見えているような気がする。
だがそれを、いまここで肯定するわけにはいかないのだけれど、そこにあったことだけは覚えておくべきかもしれない。
ただしそれは、自分にとってであり、何ら普遍性も、根拠すら無いのだけれど、どこかで同じことを思う誰かが居ないとも限らない。
上條淳士の漫画に何を読み取るのか。
肯定すべきものと否定すべきものが、紙一重で存在しているように思う。
どちらを選択しても、もう一方を否定したことにはならない様な選択肢。
否定することも肯定することも賛美として響いてしまうような言葉。
それはまるで、10代の記憶のようだ。

TO-Y 全10巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]

TO-Y 全10巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]

その他に文庫版や再版もされているようだ。