読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

だしの取り方/北大路魯山人

またしても電子書籍
そして只。
何でも鑑定団」でお馴染みの、魯山人である。
内容はタイトルの通りの薀蓄なので、特に取り立てて言うことも無し。
読みたい本が無いときのつなぎに、こういった電子書籍は役に立つかもしれない。