読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

人生論/岡本かの子

図書館で目に留まったので借りてみた。
岡本かの子を読むのも初めてだし、人生論なんてタイトルの本は、敬遠して手に取ったことは無い。
なのに、目に留まったということは、年を取ったということかもしれない。
だが読んでみて、何が言いたいのかさっぱり入ってこない。
よっぽど頭が悪くなっているのか。
話の脈絡も、喩えも、帰結も、理解できていない。
ここまで分からないのは久しぶりだ。
そして、残念ながら読み通すことも出来ない。
(たかが100ページ程度なのに)


人生論 (中公文庫)

人生論 (中公文庫)