読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

黄金の驢馬/アープレーイユス

気になって読んでみた。
以前、オシテオサレテにて紹介されていたのが気になっていた。
ロバに姿を変えられた主人公が、人間社会の裏側をちら見させるのだが、何と言うか、ふざけた話ではある。
同じく古代ローマ期の小説で比べるなら「サテュリコン」が食と男色の小説なら、この「黄金の驢馬」は不倫と暴力の小説だろうか。
大量に導入される挿話が、話を読みづらくさせる。
恐らくシニカルな目線で描き出しているのだろう。


黄金の驢馬 (岩波文庫)

黄金の驢馬 (岩波文庫)