読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

詩の力/吉本隆明

また読み返してみる。
現代詩に対する最も良質な入門書のひとつだと思っている。
詩を読むための助走のように、この本を開いている気がする。
つまり、詩というスピリッツを呑む前に、水割りで舌と胃を馴らしておくようなものかもしれない。
この本を読んでつくづく思うのだが、私には詩を読み解く感性が無いような気がする。
ただ、ああ良いなとは思うのだが、そのどこがいいのかを言い表す言葉を持っていないようだ。
だから、この本を読むと共感が出来るのだ。
きっと詩を読める人は、この本を読んでも、何だ当たり前じゃないか、と思うのかもしれない。
だが、俳句に対する視点が、高橋睦郎氏とは、全く異なる点は面白い。
やはり十人十色の読み方があっても良いんじゃないだろうかとも思えてくる。


詩の力 (新潮文庫)

詩の力 (新潮文庫)