読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

パニック・裸の王様/開高健

久しぶりに開高健を読んでみたくなり、図書館で借りた。
このブログにコメントを残していただいた方に、開高健を教えていただいたのは、いつのことだったか。
ともあれ、読んでみると、その小説世界にたちまち引き込まれた。
今まで読んでいなかった自らの不勉強さに、恥じ入る思いと、ご教示いただいた方への感謝を覚える。
表題作の「パニック」も「裸の王様」も、徹底したリアリズムと表裏一体となっている寓意とユーモアに、小説とは斯くあるべしと思うのだ。
ここであらすじを紹介するまでも無く、これらの作品は傑作に違いない。
だが同時に、これは高校生の自分には理解できない世界観でもあり、いい年をした大人だからこそ判るものだろう。
やはり年をとるのも悪くはないものだ。


パニック・裸の王様 (新潮文庫)

パニック・裸の王様 (新潮文庫)