読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

コーチングの神様が教える「できる人」の法則/マーシャル・ゴールドスミス、マーク・ライター

図書館で借りてみた。
というか、ビジネス書のタイトルというものは、なぜこうも馬鹿っぽいのか。
それとも、えげつないぐらいに徹さないと、手にも取ってもらえないとでも思っているのだろうか。
この本も、別のところで書評を読んでいなかったら、手を出そうとは思わなかっただろう。
読んではみたものの、必要ではなかった。
そう思うと、実はビジネス書の選択は、タイトルで判断できるのではないか、とも思う。
半ばまで読んだが、読了できず。


コーチングの神様が教える「できる人」の法則

コーチングの神様が教える「できる人」の法則