読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

書を捨てよ、町へ出よう/寺山修司

随筆

この本のタイトルが好きだ。
自分としてはむしろ、書を携えて、町へ出よう、なのであるが、あえてさかしまなことを言われると気になる。
この本は、寺山修司アジテーションであり、お涙頂戴的なエッセイだ。
いまさらどれも真に受けるようなものではないことは判り切っているのに、何故か読みたくなる。
たぶん、いかがわしさの虚構、或いは演出であるが故なのだ。
嘘っぽい裏町人生を演出し、斜に構えた言いっぷりが、癖になるという感じだろうか。
それが好きでもないし、鼻につくのだけれど、たまに読みたくなる。
もう処分してしまおうかと思う時もあるのだけれど、やっぱり捨てられずに持っている。


書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫)

書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫)

持っているのはコレ
書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫)

書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫)

こんなカバーあったっけ?電子書籍にもなっているようだ