読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

歴史とユートピア/E・M・シオラン

文系

シオランの散文はアフォリズムとちょっと印象が異なる。
序文によれば、この本は1957年から1958年にかけて書かれ、1956年のハンガリー動乱が背景にあるらしい。
何度かソビエトに対する記述があるが、仮借なきまでに叩きのめすその様は、熾烈を極めていると言って良いと思う。
だからと言って、手放しでハンガリーに肩入れするのでもなく、むしろ批判的にさえ見える。
ソビエトにも、バルカン諸国にも、そして西欧にも攻撃の手を緩めない。
そして国家だけではない。
ユートピア思想、そして人間存在そのものにも切り込んでゆく。
アフォリズムではやや婉曲に示唆していることが、徹底的に畳み掛けるように迫ってくる。


歴史とユートピア

歴史とユートピア