読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

金沢・酒宴/吉田健一

物語

金沢に北陸新幹線が開通した。
と書き出すと、いつの話だと思われるかもしれないが、その頃に読み始めてやっと読み終えた。
いまさら話を要約する必要も無いだろうし、第一、吉田健一の小説を要約したところで、何も吉田健一の小説というものを伝えてはいない。
講談社文芸文庫に収められたこの「金沢・酒宴」を読んだのが、吉田健一に触れた最初であったように覚えている。
今ほどには吉田健一にはスポットが当たっていなかったように思う。
ともすれば、厭らしさが鼻につくような長い文体のスノビズムの香りがする小説は、逆に新鮮だった。
久しぶりに読み返してみると、やはり鼻につかないことも無いが、これはこれで良いなとは思う。
日常からかけ離れすぎているが故に、却ってその小説世界に浸れるというものだ。


金沢・酒宴 (講談社文芸文庫)

金沢・酒宴 (講談社文芸文庫)