読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

夜あるき/永井荷風

ちょっとした合間に読めるというのは良い。
だけど印象が薄いんだよな。
読書体験というものが希薄になってしまうのではないか。
これは夜の繁華街に関するエッセイ。