読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

意識・革命・宇宙/埴谷雄高、吉本隆明

語り

最近でも埴谷雄高吉本隆明は読まれているのだろうか。
自分が高校生の頃、この二人の論争があったっけ。
というか、ちょいちょい論争していたような気がする。
人文系の雑誌も読まなくなり、そういった話題にも興味がなくなって久しい。
この対談の本では、二人は対立していないように思った。
タイトルの話題を掘り下げているのでもなく、何だか漫然と話しているようだ。
むしろ埴谷雄高の方がよく喋っている。
そういえば昔、NHK埴谷雄高が「死霊」を解説する、というドキュメンタリーを見た気がするのだけれど、ビデオに撮ったんだっけか。
もう一度、埴谷雄高の「死霊」はきちんと読み直したい、と思った。


意識 革命 宇宙

意識 革命 宇宙

1997年に出ているのが最後のようだ。持っているのは此方の初版。