読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

死後/芥川龍之介

芥川の短篇は結構読んでいたつもりだったが、これは初めて読んだ。
自分の死後に妻の新しい夫のことを詰り、その事を反省するという、小説のようなエッセイのような作品である。

死後

死後