読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

孤独地獄/芥川龍之介

物語

 相変わらず芥川を読む。

孤独地獄とは現世の人々のすぐ傍にあるらしい。

吉原で出会った僧侶とのエピソードから、地獄の話へ。

 そんな僧侶の行方は遥と知れず、芥川は孤独地獄に共感を示す。

芥川のこんな短篇ばかり読んでいると、ちょっと気が滅入ってくる。

そろそろ別の本に移ろうか。 

孤独地獄

孤独地獄