読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

インド夜想曲/アントニオ・タブッキ

何度となくこの本は読み返してしまう。

旅と人生と物語の本だ。
どうしてここまで、この本に惹き付けられているのだろう。
それは理屈ではなく、この本の魅力が色褪せないということなのだ。
くさい言い方をするなら、生涯の友というところか。
物語の粗筋とか、場面の描写とか、そういったもの全てがとても気に入っている。

 

インド夜想曲 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

インド夜想曲 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)