読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

巨人伝・ほらふき男爵/寺山修司

物語

久しぶりに寺山修司でも読んでみようかと思いたって、たまたま本棚の手の届きやすいところにあったのを選んだ。

荒唐無稽でちょっと色っぽい小話を集めている。

悪く言えば与太話、ちょっと言い方を変えると、ナンセンスな小話集といったところか。

どれも嘘だらけの下らない話といえばそうなのだけれど、生真面目な話よりも魅力的で幾許かの真実があるように思う。

そういったあたりも、寺山修司らしいのではないだろうか。