読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

青鬼の褌を洗う女/坂口安吾

物語

坂口安吾を読み出すと癖になる。

この短編の主人公は妾の娘で、戦争中から終戦直後ぐらいの話のようだ。

一人称で語られる物語は、観念的なようで感覚的でもあり、ともすれば何を言わんとしているのか見失いそうになる。
だが時に坂口安吾の言葉が、不意に突き刺さることがある。
例えば、こんな最後の一節である。
すべてが、なんて退屈だろう。然し、なぜ、こんなに、なつかしいのだろう。
恐らく坂口安吾が気に入るかどうかは、こんな言葉が響くかどうかなのかもしれない。

 

 

青鬼の褌を洗う女