読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

夜長姫と耳男/坂口安吾

物語

坂口安吾を続けて読んでいる。

不意にこんな言葉が突き刺さる。

好きなものは呪うか殺すか争うかしなければならないのよ。お前のミロクがだめなのもそのせいだし、お前のバケモノがすばらしいのもそのためなのよ。

息苦しいのは、坂口安吾のせいではなくて、それが否定できないからなのだ。

 

 

夜長姫と耳男

夜長姫と耳男

 

 

 

夜長姫と耳男 (青空文庫POD(ポケット版))

夜長姫と耳男 (青空文庫POD(ポケット版))