読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

我が人生観/坂口安吾

語り 随筆

相変わらず電子書籍坂口安吾を読み耽っている。

これは紙の本では読んだことが無かったが、なかなか面白い。

坂口安吾のエッセンスが詰まっているようなエッセイだ。

いちいち、そうだよなと思う事が多いが、翻って考えてみると、高校生の頃から坂口安吾を読んでいるのだから、むしろ人格形成において感化されているのだろう。

ひと言で言えば間抜けな感想である。