読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

怪談女の輪/泉鏡花

この本もまた電子書籍で読んだ。

まさか、泉鏡花電子書籍で読むとは。

泉鏡花の文章には独特のリズムがあって、それに乗るとするすると頭に入ってくる。

ただ、独特の当て字というか、創作文字がインターネットの世界では再現できない。

そもそも、康煕字典のどの程度カバーできているのか。

それはともかく。

冬に怪談を読むのも、また一興。

ありふれた話のようで、恐怖の演出がなかなか芸が細かく、さすがだと思わせる小品である。 

怪談女の輪

怪談女の輪