読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

春琴抄/谷崎潤一郎

物語 大阪

この本もまた電子書籍である。

ちょっとした調べ物で、読み返してみた。

谷崎はどうも肌に合わない。

嫌いじゃない気もするのだけれど、最近はあまり読みたいと思わない。

耽美的なものに対する憧れのようなもの、が鼻につくのだろうか。

この物語の中心は、佐助のマゾヒズムなのだろうが、そこに共感が出来ないからいまひとつなのだろうか。

 

春琴抄

春琴抄

 

 

最初に読んだときは新潮文庫の細かな文字の版だったっけ。

 

春琴抄 (新潮文庫)

春琴抄 (新潮文庫)