読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

檸檬/梶井基次郎

物語

実は電子書籍で読んでいるのだけれども、一話一話、画像を張り付けるのも何なので、最初に読んだ時の新潮文庫の画像を張り付けることにした。

久しぶりに読み返して見ると、微かな違和感がある。

書いていることが判らないとか、不快だということではないのだけれど、何か上滑りしていくような。

もしかすると、梶井基次郎の作品は、読み手を選ぶのかもしれない。

いくつか読んでいていても、違和感は消えていかない。

むしろ、かせきさいだぁ≡のフロウを読んでいるかのようだ。

(1stアルバムの曲に、かなり引用されていたのだった)

気がつけば、もうずいぶん遠いところまで来ていたのだなぁ、という感想のようなものかもしれない。

 

檸檬 (新潮文庫)

檸檬 (新潮文庫)