雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

酒道入門/島田雅彦

何か読むものはないかと図書館の書架を眺めていて見つけた島田雅彦の随筆である。

思い返してみると、小説は読んだことはあっても、随筆は読んだことがないなと思った。

この本はタイトルの通り酒にまつわる随筆である。

酒そのものに関する蘊蓄というよりは、酒の呑み方、酔い方、絡み方といった面に関して、ああだこうだ御託を並べている、といった感じがした。

酒の飲み方なんぞ、他人に指図されるようなものでもないと思うが、酔っぱらいの戯言だと思えば、それもまた楽しい。