読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

温泉だより/芥川龍之介

物語

何だかんだ言いながら、また芥川を開いてしまう。

どこか牧歌的なタイトルとは裏腹に、男女の悲哀を描いた短篇である。

惚れた女へ会うための金を、自分の献体代金を前払いで貰うのだが、それもやがて底をついて、といったお涙頂戴話である。

このところ読んでいる芥川の短篇の中では、まだ健全なほうだと思った。

不健全な芥川作品というのは、何だかじくじくと傷口が膿んでいるような嫌な感じがする。

だからと言って健全な話が読みたいわけではない。

どこかじくじくとした自分の気持ちが、芥川の作品に向かわせているのだろう。

温泉だより

温泉だより