雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

ルワンダ中央銀行総裁日記/服部正也

ネットの知り合いが薦めていたので読んでみた。

日本銀行の銀行員がルワンダ中央銀行の総裁として、経済再建を担う。

これはフィクションではなく実話であり、日本人の支援活動というもの一端が見える。

著者の銀行員としての矜持と、ベルギーの旧植民地ルワンダの人々の交流が、感動的である。

自分が若い頃には、国際協力、人道支援、慈善事業とかそういうものに対しては、何となく胡散臭いものとして見えたし、自分のやりたいことではないし、よく分からなかった。

しかし、こういった本を読むと自分の知らないものに対して、知ろうとしていなかったということに気づかされる。

 

 

 

 

ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン/ピーター・トライアス

この本もまた図書館で借りた。

SFだったら買っても良いかと思っているのだけれど、評判があまり良くなくて躊躇ってしまった。

読んでみた結果としては買っても良かったなと思った。

改変歴史物で、第二次世界大戦で日本が勝利した1980年代の世界が舞台である。

過去と現在を行きつ戻りつ、皇国思想、陰謀、拷問、殺戮、人体改造、生物兵器、巨大ロボット兵器の世界が繰り広げられる。

電卓でネットワークに侵入し、システムをハックし、主人公たちはある人物を追いかける。

何かの思想に基づいた勧善懲悪の物語ではないが、読むことで現実は相対化される。

残酷な描写も多く、不愉快に感じるかもしれないが、現実の相対化という意味では面白いのであった。

 

 

わたしのいるところ/ジュンパ・ラヒリ

なんとなく借りてみた。

ずいぶん昔に「停電の夜に」を読んだ覚えがある。

だがそれだけで特に気になっていなかったが、ふと読んでみようと思った。

どこかイタリア?の古い街に暮らす中年女性が主人公である。

瑣細な事が気になるような性格で、共感できるようなできないような、ただ、時々面白いなと思える場面もあり、あまり面白くもないくだりもあり。

また読み返すかどうかは分からない。

 

 

2020年6月30日にまたここで会おう/瀧本哲史

久しぶりに瀧本哲史の著作を読む。

一時期、「君に友だちはいらない」を読んだ上司が心酔し、社内で回し読みがあったことを懐かしく思った。

この本は東大での講演を文字に起こしたものであるため、話題は飛んだり説明が足りなかったりもするが、趣旨は分かるし面白いと思う。

そして趣旨だけ読んだら、きっとつまらない類の主張であろう。

なぜなら、アジテーションであり、共感が前提の論旨だからではないだろうか。

同じ側に立つのであれば面白いし、違う立場に立つのであれば、箸にも棒にもかからないと思う。

あとがきで2019年に氏が亡くなっていたことを知る。

 

 

 

イスラム飲酒紀行/高野秀行

taknalというアプリですれ違った一冊。

禁酒が戒律であるイスラム圏で酒を飲むというエッセイ。

面白可笑しく書かれているのであるが、見えてくるのは文化の多重性であり、異文化に対する無理解だという事が分かってくる。

イスラムとは何か、ということを理解しようが、それだけでは分からない。

理解していないことを浮き立たせるためには、理解していることを否定するというやり方なのだろう。

軽いようでなかなか深いエッセイであった。

 

 

今夜、すべてのバーで/中島らも

もしかすると、中島らもを読むのは、これが初めてかもしれない。

Wikiで見てきたら、泥酔の上、転落死したのが2004年だった。

享年52歳。

今の自分の歳と重なると、ちょっと感慨がある。

だからといって何があるわけでもない。

この本はアル中で入院した顛末といった小説だ。

虚実織り交ぜた物語として、なかなか面白い。

また、オーバードーズで死んだミュージシャンたちのエピソードも、あぁーあれかという感じで、随所にくすぐる要素も散りばめられている。

なかなか楽しめた。

 

 

 

アルファベット群島/庄野英二

子供の頃に読んだ本をもう一度読み返してみたいと思っても見つからないことがある。

宮沢賢治小川未明などはそんなことは無いのだが、経済高度成長期に創作された児童文学は何処に行ってしまったのか。

もっとも児童文学に限らず、大衆文学や中間小説やポルノ小説などは国会図書館に収蔵されることもなく、ひっそりと朽ちているだろうと思う。

そんな大層な話をしたいのではなく、読み返したみたかったが見つからなかった、という話である。

書店にもなく、図書館にもなく、ようやくネットで見つけ取り寄せた。

内容はAからZまでの名前の付いた島をめぐる架空の航海記である。

アルファベットの数だけある短編集でもある。

何か説教臭い教訓のある話でもなく、軽いユーモアのある話であった。

なるほど自分のルーツはこういう所にあるのだと再確認した。