読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

鍵から抜け出した女/海野十三

電子ブックを引き続いて読んでみる。
一篇づつという辺りはお手軽と言うか、もどかしいと言うか。
確かにこの文体似ているかもしれない、と思い始めてきた。
海野十三は「新青年」にも、作品を発表していたようだ。
そういわれてみると、モダニズムの雰囲気もあるような気がしてくる。
似ていると言われて、少し嬉しい気がしてくる。