読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

都心ノ病院ニテ幻覚ヲ見タルコト/澁澤龍彦

今年の最後は澁澤龍彦になった。
ぽつぽつと寝る前に読んでいたので、約1ヶ月かかってしまった。
この本は最後の著作である。
改めて読んでみると、やはり良いものは良いのだと思った。
それこそ時代遅れのディレッタンティズムだとかいう評も、眼にしたこともあったが、そのスタイルそのものが澁澤らしさであり、スタイル無き尻軽な文章より遥かに良い。
この本ではそのスタイルが遺憾なく発揮されているし、古今東西、様々なテーマを縦横無尽に語りながらも、枯淡の味わいすら感じるのはやはり、そこにひとつのスタイルが貫かれているからに他ならないからだろう。
思い返してみると、澁澤龍彦を読み漁っていた頃は、澁澤龍彦になりたいと考えていたのだろう。


都心ノ病院ニテ幻覚ヲ見タルコト

都心ノ病院ニテ幻覚ヲ見タルコト

持っているのはハードカバー


都心ノ病院ニテ幻覚ヲ見タルコト (学研M文庫)

都心ノ病院ニテ幻覚ヲ見タルコト (学研M文庫)

いつの間にか文庫にもなっていたのか