読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

蛍・納屋を焼く・その他の短編/村上春樹

物語

何年かぶりに読み返してみる。
「蛍」は後に、「ノルウェイの森」の一部になる。
「納屋を焼く」も何かの一部になった気もするが、定かではない。
村上春樹の本は図書館で借りれば良いのだから、さっさと処分してしまわないのか、と家人は言う。
一理あるのだけれど、この本は何故か手放せずに残っている。


螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫)

螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫)