読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

エスプレッソ・カルチャー&キュイジーヌ/カール・ペッキイ+サラ・スレイヴン

いつ買った本だろうか。
奥付を見ると、1995年7月1日初版とあるが、果たして出版されてすぐ買ったのかどうかは定かではない。
エスプレッソを巡るエッセイと、エスプレッソを使った幾つかのレシピが、お洒落な雰囲気の写真と共に紹介されている。
ともあれ、この本を読んだ頃は、まだスタバもタリーズもあったかどうか、コーヒースタンドと言えば、ドトールベローチェぐらいだったろうか。
だから、イタリアンの店で食事をした後に、エスプレッソをするのはちょっとした愉しみだったし、そのうち、直火式のエスプレッソ・メーカーを貰って、家で飲めるようになった時は、休日の度に淹れていたような気がする。
今となっては全く噴飯ものの話だが、カフェとかこういったビジュアル本に描かれる日常には、東東京にはないある種の憧れがそこにはあったのだ。
今読み返してみると、さらっと読み流せる本なのだけれど、惹きつけられてしまう憧れがあったのだ。(この本が悪いわけではない)
それはさておき、いつからコーヒーショップは、パソコンやスマホをいじる場所に、成り果ててしまったのだろう。
日曜の昼下がりに、人のあまり居ないオフィス街のコーヒーショップで、ぼんやりと外を眺めながら時間を潰していた頃のことを思い出した。
コーヒーの香りの思い出がちょっと蘇ってきた。


エスプレッソ カルチャー&キュイジーヌ (Chronicle books)

エスプレッソ カルチャー&キュイジーヌ (Chronicle books)