読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

小川洋子の偏愛短篇箱

アンソロジー

この本もまた図書館で借りた。
小川洋子が偏愛する短篇を選び、それに短いエッセイをつけて紹介する、という本である。
どうも最近本を読まない。
以前のようにブログを巡ったりもしない。
そのことが何を意味しているのかよく判っていない。
この本であれば一気に読めるだろうか、と思い借りたが、牛歩のように遅々として進まなかった。
この本が悪いのではない。
選ばれている短篇は自分の好きな傾向に近いし、小川洋子のエッセイも短いながらくすぐられるものがある。
とは言え、読書が進まない自分自身に苛立ちを覚える。
何なのだろうと思う。


小川洋子の偏愛短篇箱 (河出文庫)

小川洋子の偏愛短篇箱 (河出文庫)

借りたのは河出文庫版。


小川洋子の偏愛短篇箱

小川洋子の偏愛短篇箱

もしかするとハードカバーの方が良いのかも知れない。