読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

自由か愛か!/ロベール・デスノス

シュルレアリスム

ロベール・デスノスの小説?または散文詩である。
初期のシュルレアリスムに参加し、「シュルレアリスムの真実に最も近づいた人物」と、ブルトンをして言わしめたにも拘らず離反し、WW2ではレジスタンスに参加し、ゲシュタポに捉えられ、チェコスロバキア強制収容所でチフスにより亡くなった。
なぜかあまり邦訳も無いのだが、ジャーナリストとしても活躍し、作品も多数あるらしい。
この本はシュルレアリスムに参加していた頃に、自動書記によって作られた作品である。(もっとも、この本がまとめられる前の「眠りの時代」のロベール・デスノスは、いつでもどこでも入眠状態に入ることができ、質問に答えたり詩やデッサンを書き、他の人格にさえ、成ることができたという。傷害ま事件が発生しそうになったり、ブルトンは危険を感じて止めさせたらしい)
この作品では明確なストーリーは伏せられ、連想と言葉遊びでイメージが連なってゆく。
個人的には「はちどり園寄宿学校」の章の辺りが判りやすいと思われた。
何となくこれはラブストーリーなのだと感じる。


自由か愛か! (1976年)

自由か愛か! (1976年)