読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日は本を読んでいたい

あの時の本を読み返したら、今はどう思うのだろう。いつか読み返すために、思いついたことを書いておこう。読みたい本が尽きなければ、雨の日だって、晴れの日だって、読みたい本だけ読んでいたい。

独立国家のつくりかた/坂口恭平

図書館で借りてみた。
オベリスク備忘録」で、この著者のことを紹介されていたのを読み、ちょっと興味が湧いたのだった。
ともあれ、読んでみたのだが、いまいち消化不良だ。
残念ながら、紹介したり、感想を書いたりすることが出来ない。
この著者の言っていることは判る、というか、判るような気はする。
だが、どこかで納得できない自分もいる。
坂口氏がやっていることを否定したり、批判的な立場で物申したいわけでもない。
かといって、シンパシーを感じて、積極的に協力を申し出たいわけでもない。
レイヤーを変える、というのは、判る。
というか、自分もそうしているような気はする。
だが、やっぱり納得できていない自分がいる。
もう少し理解するためにも、坂口氏の本を読んでみる必要があるのかもしれない。


独立国家のつくりかた (講談社現代新書)

独立国家のつくりかた (講談社現代新書)